フラフラが続くなら貧血の可能性アリ|早めに対処しよう

男の人と女の人

鉄分不足と低血圧の相違点

家族

めまい等の症状の要因とは

低血圧及び貧血の症状そのものは似かよっています。低血圧及び貧血の症状においては、めまい、あるいは立ちくらみなど近いものがあります。まず低血圧についてですが、低血圧は血中の赤血球並びにヘモグロビンの量そのものは正常値を示します。その一方で、心臓のポンプの能力自体が弱かったり等の理由で血圧が低下することで脳自体が酸素欠乏の状況になることがあります。そういうことから、貧血と同様めまいや立ちくらみが引き起こされます。それに対しては、貧血に関しては、酸素欠乏の状況を意味しています。血中には赤血球、あるいはヘモグロビンと呼称される酸素を運搬する物質が内包されています。こうした物質が希少となると、それぞれの細胞が手にできる酸素量が減るので細胞は酸素の少ない状況は要するに酸素欠乏の状況につながります。酸素欠乏が脳の部分で生じると、めまいや立ちくらみといった特有の症状が出現します。低血圧及び貧血の特有の症状はとても似ており、症状のみを注視しても、いずれの方が要因かを確定することが困難といえます。判断するための適した方法は、血中のヘモグロビンの濃度そのものをチェックすることです。貧血の病気の人の血中ヘモグロビンの濃度については特徴的に低く、低血圧の病を患っている方の血中のヘモグロビン濃度は正常の数値になります。低血圧及び貧血は現れる要因が全然違うので、貧血の方は低血圧に見舞われやすい、低血圧の方は貧血に陥りやすいというようなことはありません。